1. 無料アクセス解析

仲介手数料無料~割引 知らなきゃ損する知恵袋

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

住宅ローン低金利の行方は!! 

お勧めの記事です。




金融機関の間で、住宅ローンの金利競争が激しくなっています。

なかには年1%を切る住宅ローン金利を提示するところもあり、

顧客獲得が激しさを増しています。

住宅ローンの基準となる金利は、1年以上の借入金の金利である「長期金利」。

その代表的な指標となるのが10年物国債、いわゆる長期国債です。



 長期国債の金利は日銀の金利政策のほか、為替など国内外の経済情勢によっても

変動します。最近発行された10年債(315回債、表面利率1・2%)の利回りは

7月28日時点で1・070%でした。



 住宅ローンのタイプは大きく分けて、返済が終わるまで金利が半年ごとなどで変わる

「変動金利型」、返済まで金利が変わらない「固定金利型」、

一定期間のみ固定金利でその後は固定もしくは変動に変更される「固定金利選択型」があります。



 金融機関は住宅ローンの店頭金利を公表しています。メガ銀行の場合、

長期固定金利ローン「フラット35」(返済期間21年~35年)は年2・61~2・99%、

変動金利は2・475%(いずれも7月1日時点)です。



 ただ、取引が密な場合などはさらに低い金利で融資を受けられ、

変動金利では1・4%低い1・075%となっています。



 それが信託銀行系などはさらに低く、変動金利で0・775%のところもあります。

われわれ借り手からすると金利負担が少ないにこしたことはありませんが、

貸し手の金融機関にとっては利幅が少ない上、住宅ローンを返済できない利用者が

出てくるリスクもあり、低金利競争は必ずしも歓迎すべきものでないようです。



 住宅ローンは、基本的に長い年月をかけて返済していきますので、

返済計画がしっかり立てられる固定金利型が基本です。しかし、

日銀の超低金利政策が続くなか、短期間で返済できるのならば固定金利より

低い金利の変動金利型の方がおトクでしょう。



 とはいえ、景気回復の道筋がはっきりすれば、金利は確実に上がります。

日銀の白川方明(まさあき)総裁は日本経済の見通しについて「本年度後半以降、

緩やかな回復経路に復していく」と述べています。

住宅の購入をお考えの方は金利の動向をしっかりと見ておきましょう。





ご参考に!!
















☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

           ハウスハウス神戸の3大メリットは

            「安全」・「安心」・「安価」です。

しつこくされたり、業者の手数料の多い物件だけを紹介されたりすることなく、
市場の全ての物件の中から選ぶことができます。

                そして最大の特徴は、

   「仲介手数料無料」、「仲介手数料半額」、「仲介手数料割引」

      でお選び頂いた物件をご案内していることです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





















スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ハウスハウス・オフィシャル
オフィシャル
神戸ハウスハウス
神戸市不動産、芦屋市、西宮市の 阪神間の不動産仲介は
newhp.jpg
仲介手数料無料~割引の           ハウス×ハウスで^^
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

過去の記事 保管ブログ
面白い記事が詰まってます!!
是非見てね!!
CalendArchive
大阪ハウスハウス
大阪市不動産、豊中市、吹田市   尼崎市、茨木市の不動産仲介は
ハウスハウス大阪
仲介手数料無料~割引の ハウス×ハウスで^^
姫路ハウスハウス
姫路市不動産、加古川市、 明石市、たつの市、相生市の播州地区の不動産仲介は
ハウスハウス姫路
仲介手数料無料~半額            割引のハウス×ハウスで!
ハウスハウス新聞
decojiro-20080530-215501_convert_20080604160230.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。