1. 無料アクセス解析

仲介手数料無料~割引 知らなきゃ損する知恵袋

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ハウスシェア」は団塊世代の選択肢か? 

就職し、結婚して、子供を持ち、収入と生活が安定してきたら、郊外の住宅地に土地と家を買って、一国一城の主となる。これが、田舎から出てきた団塊世代の目標でもありました。しかし、いまや、子供が出て行った後の部屋は物置となり、家もリフォームや改築が避けられない状況です。

そのうち、夫婦のどちらかがいなくなり、一人暮らしとなる可能性も高い。一人暮らしはこれからますます増えると思います。そんなシニア世代の家や土地といった貴重な財産を有効活用できないかという発想から生まれたのが「ハウスシェア」です。

沖縄出身の女性が成長する過程を描いたNHKの人気ドラマ「ちゅらさん」の後半はまさにシェアハウスで暮らす老若男女の物語でした。お互いができることで助け合い、支えあう理想の暮らし方として、視聴者の共感を得ていたのは記憶に新しいと思います。

シェアハウスでは、それぞれ1部屋のプライベートスペースを持ち、リビング、キッチン、バスルーム、洗面化粧台、玄関などは共有のパブリックスペースとなります。また、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、洗濯機などの家電製品や調理器具も共有することが多いです。ガス、水道、電気といった光熱費もシェアする。1人で借りるよりも家賃や月々の経費が大幅に安くなるので、その点も人気のある理由のようです。

しかし、インターネットで検索すると分かるが、現状のシェアハウスはほとんど若者を想定したものである。シニア世代でハウスシェアを実行しているという例はあまり聞いたことがありません。もともと日本人は他人への気遣いが過剰で、他人と一つ屋根の下で暮らすことへの気兼ねや抵抗感は大きいと思います。また、どんな人が同居するか分からないという不安もあります。

UR賃貸住宅でも、2004年から、「ハウスシェアリング制度」が導入されました。シニアに限った取り組みではありませんが、一人暮らしは借りにくかった「公団」時代に比べれば、隔世の感があります。高齢化とあいまって、どの世代にも一人暮らしが増えている時代には、欠かせない取り組みなのだと思います。

団塊世代の独身者は男女ともに18%もいます。離婚、死別を考えると、この数字は増えても減ることはないでしょう。シニア世代のハウスシェアに関しても、本格的な取り組みがあってもいいのではないでしょうか?




スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/01/29 23:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ハウスハウス・オフィシャル
オフィシャル
神戸ハウスハウス
神戸市不動産、芦屋市、西宮市の 阪神間の不動産仲介は
newhp.jpg
仲介手数料無料~割引の           ハウス×ハウスで^^
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

過去の記事 保管ブログ
面白い記事が詰まってます!!
是非見てね!!
CalendArchive
大阪ハウスハウス
大阪市不動産、豊中市、吹田市   尼崎市、茨木市の不動産仲介は
ハウスハウス大阪
仲介手数料無料~割引の ハウス×ハウスで^^
姫路ハウスハウス
姫路市不動産、加古川市、 明石市、たつの市、相生市の播州地区の不動産仲介は
ハウスハウス姫路
仲介手数料無料~半額            割引のハウス×ハウスで!
ハウスハウス新聞
decojiro-20080530-215501_convert_20080604160230.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。